医療事務で働きたいなら通信講座で学ぼう!

レディー

自分の考えを伝えるために

作文用紙

分かりやすい文章かどうか

志望する学校の科目のなかに小論文がある場合には当然対策をする必要があるわけですが、この小論文は自分以外の人に添削をしてもらえばもらうほど実力がメキメキと伸びていきます。どうして第三者の人に添削をしてもらうと上手に小論文を書けるようになるのかと言うと、客観的に自分の文章を評価してもらうことができるからです。小論文を書こうとする際に私たちは頭のなかでいろいろなことを考えながらペンを走らせるわけですが、その頭のなかで何を思い浮かべているのかという部分にまで気を配りながら読み手に分かりやす文章を書く必要があります。この時に添削というプロセスを挟むことによってそういった細かなニュアンスがきちんと伝わっているかどうかを確認することができるわけです。小論文では与えられたテーマに対する自分の考えをきちんと相手に伝える能力が試されます。したがって、添削をするなかでその模擬練習をすることには大きな意味があります。

通信教育を利用してみる

小論文の添削は学校の先生に見てもらうのもいいですが、どうせなら通信教育などを利用してその道のプロに人に添削をしてもらうことをおすすめします。学校の先生は教科書の内容を教えることが仕事なのに対して、通信教育で添削をしてくれる人は依頼者を志望校に合格させることが仕事です。故に、どんな小論文を書けば合格圏内に届くのかといった部分に対するノウハウをたくさん持っていますからそういった人にアドバイスをしてもらえるというのは効率よく実力を伸ばすうえで非常に効果的な方法です。また、この方法を使えば地方に住んでいながら受験業界で有名に先生に自分の文章をチェックしてもらうことも不可能ではありません。電車に乗って塾に行くことを考えればお金もあまりかかりませんから親御さんの懐に大きな負担を強いる心配もありません。受験勉強をする際には一生懸命勉強することももちろん大切ですが、どんな人に指導をしてもらうかも同じくらい大切な要素なのです。